おから豆乳蒸しパン

おから豆乳蒸しパン

赤ちゃんの大好きな蒸しパン。今回は食物繊維豊富なおからをプラスして、便秘に効く蒸しパンにしました。大豆製品はとてもヘルシーで栄養価も高く、離乳食にはおすすめです。材料を混ぜて蒸すだけの簡単レシピなので是非挑戦してみて下さいね!電子レンジでの調理もOKです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピをプリントする
材料(3~4個分)

基本の材料

  • 薄力粉 … 50g
  • おから … 50g
  • 豆乳 … 100cc
  • きび糖 … 大さじ3
  • ベーキングパウダー … 小さじ1
  • レーズン … 大さじ2(約20g)
作り方

薄力粉をザル等でふるう。1.薄力粉をザル等でふるう。

ボウルにレーズン以外の材料を入れ、泡立て器で混ぜる。2.ボウルにレーズン以外の材料を入れ、泡立て器で混ぜる。

ボウルにレーズン以外の材料を入れ、泡立て器で混ぜる。

飾り用に少量を残し、レーズンを加えて混ぜ、カップに流し入れる。飾り用のレーズンをのせる。3.飾り用に少量を残し、レーズンを加えて混ぜ、カップに流し入れる。飾り用のレーズンをのせる。

飾り用に少量を残し、レーズンを加えて混ぜ、カップに流し入れる。飾り用のレーズンをのせる。

蒸し器に入れ、弱火で7~10分程度蒸す。4.蒸し器に入れ、弱火で7~10分程度蒸す。

蒸し上がったら、網等の上に置き、冷まして出来上がり!5.蒸し上がったら、網等の上に置き、冷まして出来上がり!

吉田美生(よしだみお)1973年東京生まれ。都内レストラン・カフェで料理人を勤めながら、フードコーディネーターとして、『anan』『VERY』『Tarzan』等のレシピ制作で活躍。

調理のポイント

電子レンジでもOK!

材料を混ぜるだけと手軽に作れる蒸しパンですが、蒸し器で蒸すのがちょっと面倒という方は、電子レンジを使って作ることもできます。

電子レンジを使用する場合は、ふんわりとラップをかぶせ、500wで2~3分ほど加熱します。どちらで加熱する場合も、中央部分に竹串を刺して生地が付いてこなければ、中まで火が通っています。

蒸し器で蒸した方が、蒸しパンの中央からふっくらと膨らみ、形のきれいな蒸しパンに仕上がります。電子レンジで加熱すると膨らみが小さく、蒸し器のようにきれいな形に仕上がらないかもしれませんが、味はそれほど変わりません。電子レンジで加熱すれば、水分が少なくもちっとした食感になり、蒸し器で蒸すと、ふんわりとした食感に仕上がります。

大豆の栄養素

大豆の栄養素お値段も手頃なおから。おからは、もともと大豆から豆腐を作る際にできる搾りかすです。

大豆は優れたタンパク質を豊富に含み、昔から畑の肉と言われてきました。良質な脂質、食物繊維、ビタミン、カルシウム、鉄、ミネラルといった栄養素の他、大豆イソフラボンも含む栄養満点の食材なのです。

そんな大豆の搾りかすからできるおからにも、大豆の栄養素が豊富に含まれています。中でも、大豆の皮や胚芽部分の繊維質は、ほとんどおからに移っているので、食物繊維が豊富です。食物繊維は食べ過ぎを防ぎ、便通を改善するため、便秘気味の赤ちゃんには是非食べてもらいたいですね。

おからはぼそぼそして食べにくいという印象もありますが、細かく砕かれた大豆なので、赤ちゃんが噛み切れないということもありませんし、今回のレシピのように、蒸しパン等に混ぜて調理すれば美味しく仕上がります。おから自体に独特の匂いや味がないため、蒸しパン以外でも、ホットケーキ、さらにハンバーグ等の肉料理等に混ぜても、美味しく食べることができますよ。

栄養満点、便秘解消に効果的なおからを、日頃の離乳食作りにぜひ活用してみて下さいね!

他のレシピを見る