いちご蒸しパン

いちご蒸しパン

赤ちゃんのおやつに便利と好評の蒸しパンメニュー。今回は旬のいちごを使った、ほんのりピンクの蒸しパンを紹介します。可愛らしい色合いで、赤ちゃんも気に入ってくれること間違いなしの一品です!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピをプリントする
材料(4個分)

基本の材料

  • いちご(小粒) … 10個
  • 牛乳 … 50cc
  • 薄力粉 … 120g
  • ベーキングパウダー … 小さじ1
  • いちごジャム … 大さじ4
  • (飾り用)
  • いちご … 4粒
  • ヨーグルト … 150g
  • 砂糖 … 大さじ1
作り方

キッチンペーパーを敷いたザルでヨーグルトを漉す。一晩冷蔵庫で置き、水気を切る。1.キッチンペーパーを敷いたザルでヨーグルトを漉す。一晩冷蔵庫で置き、水気を切る。

牛乳といちごをミキサーにかける。ミキサーがない場合はスプーンの背で潰してもOK。2.牛乳といちごをミキサーにかける。ミキサーがない場合はスプーンの背で潰してもOK。

ボウルにふるった薄力粉とベーキングパウダーを入れる。3.ボウルにふるった薄力粉とベーキングパウダーを入れる。

2.を加え、泡立て器でよく混ぜる。いちごジャムを加えて軽く混ぜ、カップに流し入れる。4.2.を加え、泡立て器でよく混ぜる。いちごジャムを加えて軽く混ぜ、カップに流し入れる。

2.を加え、泡立て器でよく混ぜる。いちごジャムを加えて軽く混ぜ、カップに流し入れる。

蒸し器で12、3分ほど蒸す。中央部分に竹串をさして、生地がついてこなければ蒸し上がり。網等の上にのせ、粗熱を取る。5.蒸し器で12、3分ほど蒸す。中央部分に竹串をさして、生地がついてこなければ蒸し上がり。網等の上にのせ、粗熱を取る。

1.のヨーグルトに砂糖を加えてよく混ぜ、蒸しパンの上にのせる。ヘタを取ったいちごを飾れば出来上がり!6.1.のヨーグルトに砂糖を加えてよく混ぜ、蒸しパンの上にのせる。ヘタを取ったいちごを飾れば出来上がり!

吉田美生(よしだみお)1973年東京生まれ。都内レストラン・カフェで料理人を勤めながら、フードコーディネーターとして、『anan』『VERY』『Tarzan』等のレシピ制作で活躍。

調理のポイント

甘さの調節

甘さの調節今回は、いちごの蒸しパンを水切りしたヨーグルトといちごでデコレーションし、カップケーキ風に仕上げました。

もちろん、デコレーションなしの蒸しパンだけでも美味しく召し上がって頂けますが、生クリームを使わず、ヨーグルトとフレッシュないちごでデコレーションしていますから、とってもヘルシー。赤ちゃんの喜ぶ顔が見られるなら、こんなひと手間もたまにはいかがでしょうか?

このレシピでは、蒸しパンの甘みはいちごジャムだけ。使用するいちごやいちごジャムにより、仕上がりの甘さは多少異なりますが、基本的に甘さ控えめの仕上がりになっています。

もう少し甘めの仕上がりがお好みならば、いちごと牛乳をミキサーにかける際、砂糖大さじ1〜2を加え、一緒に混ぜましょう。

また、いちごシャムを加える時に、泡立て器などでしっかりと混ぜてしまわず、ゴムベラ等を使い、静かに混ぜるのがおすすめです。そうするとジャムの固まりが随所に残り、食べる時に甘さと食感のアクセントになります。

いちごの栄養素

蒸しパンに加えた、いちごといちごジャム。いずれも整腸作用のある水溶性食物繊維のペクチンが豊富に含まれています。ペクチンは、胃や腸で消化吸収されずに大腸まで届き、便のかさを増やしたり、腸内の有害物質やコレステロールを包み込み、便として体外へ排出してくれる働きがあります。

ペクチンは、ビフィズス菌や乳酸菌と一緒に摂取すると、便秘解消にさらに効果があると言われます。ですから、今回の蒸しパンはヨーグルトクリームでデコレーションする、もしくはヨーグルト製品と一緒に食べることをおすすめします。かわいいスイーツで赤ちゃんが美味しく、楽しく便秘解消できるように、お母さんも一工夫してみてはいかがでしょう!

他のレシピを見る