ごぼうと豆乳のポタージュ

ごぼうと豆乳のポタージュ

ごぼうと豆乳を使用した簡単にできるポタージュをご紹介。ちょっぴり土臭く、離乳食には敬遠してしまいがちなごぼうですが、食物繊維はたっぷりで便秘解消には大変効果的。そこで今回は、そんなごぼうに豆乳とジャガイモを加え、もったりとピュレ状に仕上げて食べやすくしました。赤ちゃんがスプーンで食べられる一品です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピをプリントする
材料(2食分)

基本の材料

  • オリーブオイル … 大さじ1
  • 玉ねぎ … 1/4個
  • ごぼう … 1本
  • ジャガイモ … 小2個(大きい場合は1個)
  • 水 … 300cc
  • 豆乳 … 100cc
  • 塩 … 適量
作り方

玉ねぎをスライスする。ごぼう、ジャガイモは皮を剥き、薄くスライスする。1.玉ねぎをスライスする。ごぼう、ジャガイモは皮を剥き、薄くスライスする。

玉ねぎをスライスする。ごぼう、ジャガイモは皮をむき、薄くスライスする。

玉ねぎをスライスする。ごぼう、ジャガイモは皮をむき、薄くスライスする。

鍋にオリーブオイル、玉ねぎを入れ、しんなりするまで炒める。2.鍋にオリーブオイル、玉ねぎを入れ、しんなりするまで炒める。

ごぼう、ジャガイモを加えて炒める。3.ごぼう、ジャガイモを加えて炒める。

水を加える。一煮立ちしたら弱火にし、水分が3分の1程度になるまで、10分ほど煮る。4.水を加える。一煮立ちしたら弱火にし、水分が3分の1程度になるまで、10分ほど煮る。

水を加える。一煮立ちしたら弱火にし、水分が3分の1程度になるまで、10分ほど煮る。

ミキサーにかけ、豆乳を加える。少量の塩を加え、味を整えれば出来上がり!5.ミキサーにかけ、豆乳を加える。少量の塩を加え、味を整えれば出来上がり!

ミキサーにかけ、豆乳を加える。少量の塩を加え、味を整えれば出来上がり!

吉田美生(よしだみお)1973年東京生まれ。都内レストラン・カフェで料理人を勤めながら、フードコーディネーターとして、『anan』『VERY』『Tarzan』等のレシピ制作で活躍。

調理のポイント

切り方にはあまりこだわらなくても大丈夫

今回のレシピのように、食材を全てミキサーにかけてしまう場合は、切り方にはあまりこだわりません。ただし、ミキサーにかける前に、食材は柔らかくなっていた方が良いので、短時間で柔らかく煮ることが重要。なるべく薄くスライスすると、食材に早く火が通り、ミキサーにかけた後、粒が残らない、滑らかな口当たりに仕上がります。

また、今回はごぼう、ジャガイモの皮を剥いて調理しましたが、基本的に食物繊維は皮に多く含まれているので、大きくなった赤ちゃん向けには、皮を良く洗い、そのまま調理することもできます。赤ちゃんの成長、好みに応じて色々試してみて下さい!

とろみはジャガイモで

切り方にはあまりこだわらなくても大丈夫まだ自分で食べられない赤ちゃんはもちろん、自分でスプーンを使って食べるようになってからも、あまりさらさらした液状の離乳食は赤ちゃんには食べずらいものです。

そんな時に活用できるのがジャガイモ。
ジャガイモをスープなどに入れて潰すことで、とろみがつき、また、他の食材とも相性が良いため、何に加えても味の邪魔になりません。

栄養満点で、加熱調理をしても栄養成分が失われにくいため、ジャガイモは是非積極的に摂りたい食材です。毎日の離乳食作りに上手に活用しましょう。

ごぼうと豆乳の栄養素

ごぼうにはとりわけ食物繊維が豊富に含まれています。100g中に5.7gもの食物繊維を含んでおり、さらに水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を豊富に含みます。水溶性食物繊維は、腸内の有害物質が体内に吸収されるのを防ぎ、体外へ排泄する働きがあります。また不溶性食物繊維は、腸のぜん動運動を活発にし、腸内で水分と結合して便の量を増やしてくれます。

ポタージュの仕上げに加えた豆乳も、便秘の解消には効果的な食材です。大豆の絞り汁である豆乳には、食物繊維も含まれていますが、それだけでなく、善玉菌の代表、ビフィズス菌を増やすオリゴ糖が多く含まれています。オリゴ糖は腸内の有用菌として働くビフィズス菌のエサとなり、乳酸菌の増殖を助けてくれます。

ごぼうの食物繊維と豆乳のオリゴ糖が摂れるこのポタージュ、便秘がちの赤ちゃんにはうってつけのレシピです。季節の変わり目は、赤ちゃんも体調を崩しがち。そんな時は栄養満点の離乳食で、赤ちゃんの体調管理をしてあげて下さいね!

他のレシピを見る